廃車になったら、尋ねるサイト

廃車の手続きってどうすればいいのでしょうか?色々な不安を当サイトで解決しましょう

愛車は保険会社に委託された。

私はロータリーエンジンの愛好家です。
ロータリーエンジンの魅力にとりついたマニアです。

旧車ですが、昭和57年式のRX-7が私の愛車なのです。購入のきっかけは発売された頃どうしても手元に欲しくなり、手放すのは惜しかったのですが、当時使用していたRX-3を下取りとして、購入をしたのです。
購入後、とても嬉しく神社でお祓いをして頂いたのです。

通勤として主に使用していました。休日はドライブ、レジャー、走り屋としてサーキット場でもレース走行も楽しんでいました。
法律で日本車は最高速度を180km/h以上は出せない、高速道路は100km/hが制限速度との規制があります。余談になりますが、違法となるが、整備士をしていたので、そのリミットを解除して時々走行をしていました。マニアにはそれ程難しい作業ではありません。サーキットライセンスを取得して、レース走行を趣味に楽しんでいました。

ロータリーエンジンのデメリットは構造上エンジンブレーキが他のエンジンほど効果が出ないのです。コーナーの入り口では、十分に発揮出来ないことが難点です。
そんな愛車が無残にも廃車となってしまったのです。出勤前に田舎道で前から来た友人と窓越しに会話をしていた時です。うしろから来た乗用車に右後部から追突されてしまいました。反動でシートベルトはしていましたが、助手席に飛ばされ逆さ状態でした。

警察官が来て現場検証をしていて、相手は40km/hと言ったそうですが、おかしいです。
なぜならば、私の車は左前が壁に激突、左側面は前から後部まで損傷、前後のサスペンションも大破です。おそらく倍近い速度は出ていたはずです。
その後保険会社の見積もりは、全損の8割損傷でした。残念ながら泣く泣く廃車となってしまったのです。